大阪府堺市中区新家町510-1
駐車場完備・南海高野線「白鷲駅」徒歩15分

072-237-2810
072-237-8241ハニヨイ(予防専用ダイヤル)
ご予約受付時間/9:00~20:00

医院沿革

医院沿革

開業時から見てきた父の背中

岡田歯科医院は、歯科一家の三男であった父・岡田禎三(大先生)が勤務医を経て開業した医院です。

診療所の2階で生活をしていた幼少の頃、予約診療を行なっていない日は予約票を取るため朝の5時半頃から100人くらいの行列が医院の前にでき、食事も5分程で済ませ忙しそうにしていた印象が強く残っております。

当時の日本は、虫歯の洪水の時代でありながら、まだ歯科医院が少なかった為、父は、患者さまから歯が痛いと連絡があれば夜中でも診療をし、地域の小・中学校の校医も務めながら、お昼休みには堺市の歯科衛生士専門学校の講師として衛生士の育成にも力を入れていました。

朝から晩まで寝る間を惜しんで、その時代に出来る最善の治療で地域医療に貢献している、そんな父の背中を見て、私は育ちました。自宅と診療所が一緒だったこともあり、毎日監視されている気がして、思春期には反発心から父と同じ道には進まないと決めておりましたが、進路について真剣に考え始めた頃、地域の皆さまの役に立つ仕事をしている父の姿はやはり素晴らしいと思い、歯科の道へ進むことを決意いたしました。

「医は算術ではなく仁術であれ」を胸に

歯科医師となった私に、父が教えてくれた最初の言葉は、『医は算術ではなく仁術であれ』でした。「この言葉だけはいつも胸に秘めて、診療を行いなさい」と言われたことを記憶しています。
この言葉を胸に、約15年間の勤務医を経て、岡田歯科医院で、父と一緒に診療をすることになりました。
父と一緒に働いていると、患者さまから「大先生にお世話になった」「大先生に助けてもらった」という話をたくさん耳にし、家でみてきた父とは違った父の姿を見て、改めて尊敬できたのと同時に自分の選んだ道は間違ってなかったと確信しました。
そして、岡田歯科医院で診療するようになってから5年が経った頃、父から岡田歯科医院を継承いたしました。

Cure(治療)からCare(予防)へ

父の引退を機に、岡田歯科医院は、Cure(治療)だけでなく、Care(予防)の充実を図る診療体制をスタートしました。

衛生士としてずっと予防歯科に従事してきた妻が、大先生である私の父から岡田歯科医院を守ってほしいと言われ当医院へ入ることになり、衛生士が患者さまと1対1で向き合って行うメンテナンス用の個室を1つ作りました。

ある時、父の代から数十年ずっと通ってくださっている患者さまのお口のメンテナンスを妻に任せると、ほんの1、2回の診療で今まで知りえなかった患者さまの色々なお話を引き出し、個室での診療の必要性を実感しました。

私自身も地域の小・中学校で子供の歯並び、食生活について指導する中でCare(予防)の大切さを感じておりましたが、妻との診療を重ねる中で「治療は大切だけど、同じ歯の治療を繰り返せば繰り返すほど、歯の寿命は短くなり、一生自分の歯で食べるという幸せなゴールから遠のく」という、Care(予防)の重要性に改めて気づきました。 これまでやってきた最善のCure(治療)も決して間違いではありませんが、本当に患者さまの事を考えるなら、患者様1人1人としっかり向き合い、人生のライフステージに寄り添ってCare(予防)していく事が真の治療なんだと一念発起し、医院の増築を決断いたしました!

「お世話になってきたこの地域に恩返しがしたい。」
「この地に根を張って地域の方々の健口をお守りしていきたい。」

その一心で、医院を増築し、個室を増やし、1人でも多くの患者さまと向き合える場所・Care(予防)出来る場所を設けました。

こうして、Cure(治療)中心だった岡田歯科医院から、Care(予防)の岡田歯科医院へと生まれ変わりました。

診療所前の花は、父がいつもお世話をしてくれています。

大先生である父は、この地域で50数年無事故で地域医療に貢献してきましたが、現在は、私のよき相談役として、陰ながら岡田歯科医院を支えてくれております。

変わらないものと、変わりつづけるもの。
昔も今もその時に出来る最善の治療をすることに変わりはありません。